施設長ブログ 施設長ブログの内容をご紹介
アンガーマネジメント研修を終えて(新採用職員のオリエンテーション)

「介護現場で働く職員の感情コントロール法を学ぼう」ということで、11月16日に当ホームに於いてアンガーマネジメントの研修を行いました。研修の中で、怒りの仕組みとして「悲しい」「不安」「苦しい」「疲れた」等のマイナスの感情(第1次感情)が溢れると怒り(第2次感情)になるという概念(怒りの裏には本当の気持ちが隠されている)があることを知りました。

大事なのは、怒りを我慢することではなく、自分や相手の怒りの裏側にある感情(第1次感情)に目を向け、寄り添いながら対応することが大切ということだそうです。相手はどのようなことを期待していたのかを理解し、第一次感情に共感できるようになると、感情にまかせて怒ることも減り、お互いが気持ちよく仕事ができる職場環境になるということを学びました。また、ぎすぎすした怒りの生まれやすい職場環境でなく、お互いが気持ちよく仕事ができる環境にするためには,日頃から「お疲れ様」「ありがとう」「助かるわ」「頑張っているね」等、感謝の言葉や努力を認めてくれる言葉を掛け合うことが大切だとも話していました。

最近、二人の新採用職員のオリエンテーションを実施しました。二人とも非常に一生懸命でまじめに聞いてくれるので、つい、あれこれ調子にのって話し続けてしまいました。誰もが自分の話に対して、興味を持って聞いてくれたり、笑顔で頷いてくれたり、真剣な表情で質問を返してくれると肯定された気持ちになり、嬉しいものです。

アンガーマネジメント研修が終わったばかりのオリエンテーションだったので、二人の印象はとても新鮮で、久しぶりに心が癒され、何でも話せるという肯定的な状態になりました。今後も二人の職員にはこの姿勢を大切にして、入所者の方々や職員と良好なコミュニケーションが取れるよう努力することを期待しています。

ライフホーム城山

Copyright (C) 2013 Life Home Shiroyama All Rights Reserved.